TOPへ




メッサーシュミット Me262c-1a V186
ハインツ・ベア

 MESSERSCHMITT Me262C−1a V186
HEINZ BAR

ハセガワ 1/72


 製作中の写真と完成写真に解説を付けた。 




“箱絵が何とも良いのだ”ということで思わず手を出してしまった。
御手つきなのだ。


迫力のジェット戦闘機だ。





制 作 記

上から見たところ、意外と胴体中央部が広い。 キャノピーのフレームは、単純なのでマスキングは楽だ。

ピトー管を取り付け、パテで開口部を埋める。 排気口周辺の彫刻は、細かく丁寧にできている。

尾翼の雰囲気は、レシプロからジェットへと変貌を遂げた証だ。 ジェットタービンの寿命は50時間とか?

30o機関砲4門は、脅威以外何者でもない。 エンジン部分の擦り合わせの後、
パネルラインの彫り直しが大変だった。
ロケットノズル装備のため切り取られた尾部。

誇りの黒いイェーガーヤッケが眩しい。 迷彩塗装は機体に一段と迫力を与える。

下面と上面の塗り分け部分はちょっと苦労する。 V186“ハインツ・ベア”の上面塗装はこんな感じだ。


前輪が意外と大きい、大きいついでにエンジンもである。 ロケットノズルを追加しなければならない加速性とは?追い詰められた故の結論か?


この目線の迫力!!


後退翼にジェットエンジン次世代の胎動だ。 独逸國空軍独特の迷彩はMe262にも良く似合う。

ジェット機の主翼の形を定義したと言える。

横開き式のキャノピーは脱出し難かったと思う。



F6Fヘルキャットへ 一式戦闘機 隼へ


     
フォッケウルフ Fw190 D−9へ He219A-7UHU(1)へ


  
航空機編へ



  
メニューへ