TOPへ




ダグラス A20G ハボック

DOUGLAS A20G  HAVOC

米國陸軍

AMT社製 1/48

  製作中の写真と完成写真に解説を付けました。




AMT社の製品を作るチャンスはそ〜無いので良い経験をしたと思います。

このキットがそうなのかAMT社全体の製品がそうなのかは分かりませんが、パーツ間 に隙間ができるのでパテとプラ板は放せません。

しかし、それが何ともアメリカ的というか大らかで大いに愉しませて頂きました。

                                                   TEKKY&PAKKYより




AMT社製パッケージ

主翼は意外と幅が狭く長い。
A−20G、部隊は第3爆撃飛行団・第89飛行隊、フィリピン戦線に従事した。


攻撃機という難しい立場を見事に果す。 この角度がベストだと思うが、意外と良いアングルを探すのに苦労した。
縦長の機首部分は格好のキャンバスなのだ。 コックピットの作制には随分とガンバッタんだけど殆ど見えない、 トホホ・・・・・・。



上から見るとこんな感じで結構大きい、機体は細身で
パイロットは1名チョッと広角気味なので、全体形が
分かり難くて御免。


先端部の12.7o機銃6挺の破壊力はいかばかりか?
機首部分にフィギュアを配した、機体の幅に対して縦に
長いのが良く分かる。




後部銃座、50cal(12.7o)2連装電動銃座,銃身は
真鍮管で自作した。
後方からのアングル

機体のイメージは地味で、どう考えても格好いいとは言えないが。
期待以上の活躍だったとか?




 総論

  ハボックでピクニックに行こう。僕が操縦するから料理を作ってね。「ほらご覧右側にエアーズロックが見えるよ」  わ〜〜素敵・・・ね。



       
航空機編へ ミニ制作記へ F6Fヘルキャットへ


  
メニューヘ