TOPへ



ハインケル He219 A-0 UHU

HEINKEL He219 A-0 UHU
造形村社製 1/32


ハインケル He219A‐0 UHU 190070号機

さすがに大きい、作り甲斐があった。

今回のこの機体は全体を組み上げることにしたが、解説本にあるように機体構造を楽しむキットのようだ。

独創と言う機体である。

卵型の機首に昆虫の触角のようなアンテナ

He219 A-0 Werk Nr.190070 STABT./NJG1 Hptm.Manfred Meurer

主脚及び前脚をダイキャスト製のパーツにしたが、プラのパーツの方が良かったかもしれない。

機体のいたるところがアンテナなので機体を持つのも一苦労だ。

RLM75のグレーバイオレットとRLM76のライトブルーは抜群のコンビネーションだ。

大きさは1/48の四発爆撃機並の大きさだが、1/32の双発機は迫力が違う。

出撃を俟つ、嵐の前の静寂だ。

午後のひと時、束の間の休息。
最後の威容を閃光のよに放ち消えていった。




        
Bf110D−3 NJへ ギャラリー1へ A1Hスカイレーダーへ


  
メニューへ